b.l0g.jp     About     Archive     Feed

cygwinのbashでclearを使いたい

masudakさんのエントリ を読んで、そういえば作業用PCにCygwin入れてないなと思ってインストールしてみたら、clearコマンドがなかった。

学生時代からの癖で事あるごとに「clear;ls」と入力するのが好きな自分は、clearコマンドがないと生きていけない。

どうやらclearコマンドが欲しい場合は、ncursesを入れると使えるようになるようだ。Cygwinのsetup.exeで、「Utils → ncurses」をインストールするようにチェックを入れれば、めでたくclearできるようになる。

lsコマンドのソートオプションまとめ

lsコマンドにはソートオプションがいくつかあるけど、いつもどれがどれだか分からなくなるのでメモ。

時刻でソートするもの

-c

-ltと一緒に指定すると、ctime(最終ステータス変更時刻)を表示してそれでソート

-lと一緒に指定すると、ctimeを表示するがファイル名でソート

-u

-ltと一緒に指定すると、atime(最終アクセス時刻)を表示してそれでソート

-lと一緒に指定すると、atimeを表示するがファイル名でソート

-t

タイムスタンプでソート

名前でソートするもの

-X

拡張子のアルファベット順にソート

-v

バージョン順にソート

サイズでソートするもの

-S

ファイルサイズでソート(大きいものが上)

その他

-U

ソートせずにディレクトリに置かれている順に表示

-f

ソートしない

-r

指定されたオプションの逆順でソート

ソート以外の便利なオプション

-m

コンマ区切り

-Q

ダブルクォーテーションでくくられる

MySQL ユーザのホストをワイルドカードで指定してもlocalhostは含まれない

MySQLをインストールしたので、とりあえずワイルドカードでホスト名を指定してテスト用のユーザを作成。


mysql> show databases;
  
+-------+
  
| Database |
  
+-------+
  
| information_schema |
  
| hoge |
  
| mysql |
  
| performance_schema |
  
| test |
  
+-------+
  
5 rows in set (0.00 sec)

mysql> grant select on hoge.* to testuser@'%' identified by 'password';
  
Query OK, 0 rows affected (0.07 sec)

mysql> select host,user from mysql.user;
  
+----+----+
  
| host | user |
  
+----+----+
  
| % | testuser |
  
| 127.0.0.1 | root |
  
| localhost | |
  
| localhost | root |
  
+----+----+
  
7 rows in set (0.00 sec)

mysql> quit

この状態で、MySQLがインストールされているサーバ自体からそのままtestuserでログインしようとすると、アクセスが拒否される。


testserver$ mysql -utestuser -p
  
Enter password:
  
ERROR 1045 (28000): Access denied for user 'testuser'@'localhost' (using password: YES)

しかし、他のサーバからアクセスしてみると、接続は成功して、hogeデータベースへのアクセスもできる。


anotherserver$ mysql -utestuser -p -h testserver hoge
  
Enter password:
  
Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
  
Your MySQL connection id is 8
  
Server version: 5.5.17 MySQL Community Server (GPL)

Copyright (c) 2000, 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
  
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
  
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql> show databases;
  
+-------+
  
| Database |
  
+-------+
  
| information_schema |
  
| hoge |
  
| test |
  
+-------+
  
3 rows in set (0.00 sec)

「testuser@’%’」の「%」はワイルドカードなので、localhostも含めた全てのホストを指すものかと思ったら、どうやらそれは間違いのようだ。

調べてみたところ、以下のような仕組み。

4.8.2 MySQL への新規ユーザの追加

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.1/ja/adding-users.html

monty というユーザ名と some_pass というパスワードのアカウントが 2つ存在します。どちらもフル権限を持つスーパーユーザのアカウントです。’monty’@’localhost’) というアカウントは、ローカル ホストから接続するときにだけ使用できます。一方の ‘monty’@’%’ というアカウントは、どのホストからでも接続できます。注意: monty というアカウントは両方とも、monty としてどこからでも接続できる必要があります。この localhost でアカウントを持っていない場合、monty でローカル ホストから接続したときに、mysql_install_db で作成している localhost のエントリで、匿名ユーザのアカウントとして優先になります。つまり、 monty が匿名ユーザとして扱われます。この理由は、’monty’@’%’ よりも、匿名ユーザの方が具体的な Host カラム値にあるため、匿名の方が、user テーブルのソート順で先にきます。. (user テーブルのソートに関しては、項4.7.5. 「アクセス制御の段階 1: 接続確認」 を参照してください。)

分かったような、わからないような。参照先を見てみるとより詳しい説明がある。

4.7.5. アクセス制御の段階 1: 接続確認

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.1/ja/connection-access.html

長いので引用は避けるが、MySQLがuserテーブルに書かれた情報をどのようにソートして使用しているかが影響しているようだ。上のページの説明によると、以下の順でソートを行っている。

  1. 最も具体的なホスト名(つまり、%のように明示的でない指定は後回し)
  2. 最も具体的なユーザ名

つまり、はじめの方に出てきたユーザのテーブルは、実際には以下のように並んでいることになる。


+----+----+
  
| host | user |
  
+----+----+
  
| localhost | root |
  
| localhost | |
  
| 127.0.0.1 | root |
  
| % | testuser |
  
+----+----+

ログイン時のユーザ名とホスト名の組み合わせは、このようにソートしたテーブルを上から順に検索していき、最初に一致したもので認証が行われる。

ここで、「testuser」というユーザがlocalhostからアクセスしてくると、2行目の「localhostの匿名ユーザ(userが空白 = 匿名ユーザ)」に先に一致してしまうのである。

この裏付けに、パスワードなしでtestuserでログインできるようにしてみると、確かに実際には匿名ユーザとしてログインしてしまっていることがわかる。


$ mysql -utestuser

mysql> select current_user();
  
+------+
  
| current_user() |
  
+------+
  
| @localhost |
  
+------+
  
1 row in set (0.00 sec)

従って、「testuser@localhost」としてログインしたいなら、明示的に


mysql> grant select on hoge.* to testuser@'localhost' identified by 'password';

とも実行して、「localhostのtestuser」を作成する必要がある。

注 : セキュリティ上、ホストを「%」でワイルドカード指定するのはよろしくないので、やらないようにしましょう(汗)